インスタグラム キャプション 改行

Instagramの画像や動画の投稿に書き加えているキャプションが改行できない原因と対処方法を解説していきます。
喜び

Instagramに投稿する画像や動画に改行された
読みやすいキャプションを設定しておけば、
より投稿を楽しんでもらうことができます。

魅力的な画像や動画にストーリをキャプションによって付け加えることで、
Instagramのフォロワーにはより一層投稿を楽しんでもらえますし、

質問やクイズ形式のキャプションを設定することで、
コメント欄でのフォロワーとの交流も活性化させることができます。

今回のブログ記事のコンテンツ一覧
  • 改行を活用してキャプションを書くことの重要性
  • キャプションで2回以上改行する方法
  • ハッシュタグへの改行の必要性

Instagramの基本的な仕様では
2回以上キャプションに改行を入れたとしても、
投稿すると改行が一回にまとめられてしまうようになっています。

そこで、今回のブログ記事ではInstagramの
キャプションで2回以上改行する方法に加えて、

改行をしながらキャプションを書くことの重要性や
ハッシュタグへの改行の必要性などについても解説していきます。

それではまず、改行を活用してキャプションを
書いていくことの重要性についてお伝えしていきます。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

改行を活用してキャプションを書くことの重要性

Instagramのキャプションに限らずに、
改行を加える事で文章は格段に読みやすくなります。
喜び

Facebookの投稿などでも 改行を加えて
書かれている投稿の方がより反応が高くなると言われています。

Instagramのキャプションも改行を加えて書いていくことで
『いいね♡』や『コメント』などの反応を上げられる2つの理由をご紹介します。

キャプションに改行を加える2つのメリット
  • キャプションが圧倒的に読みやすくなる
  • 投稿への反応率が上がりやすくなる

キャプションが圧倒的に読みやすくなる

悩み

いくら魅力的な画像や動画のキャプションであったとしても、
一度も改行されていない長い文章は読むのに疲れてしまいますし、
読み始めたとしても、途中で読みのを諦めてしまうことになります。

その一方で、改行によって意味のまとまり毎に
整理されているキャプションが設定されていれば、

すっと頭に内容が入ってきますし、
次に投稿した際にもチェックしてもらいやすくなります。

投稿への反応率が上がりやすくなる

喜び

改行してキャプションが読みやすくなれば、
最後まで読んでもらえてCall to Actionに繋げやすくなります。

コールトゥアクションとは文章の最後に読者に対して
何らかの行動を呼びかけることを意味します。

例えば、『〜〜だと思ったらコメントして下さい☆』であったり、
『今日のお昼ごはんはいくらだと思いますか?』といったものが挙げられます。

こうした問いかけやクイズ形式でキャプションを締めくくることによって、
フォロワーからの『コメント』や『いいね♡』による反応率を上げることができます。

それでは続いて、キャプションを設定する際に
2回以上改行する方法についてお伝えしていきます。

キャプションで2回以上改行する方法

画像や動画にキャプションをせっている際にスペースを2行分入れても、
投稿すると一行分に省略されてしまうことになります。
喜び

キャプションを入力する際に一度しか改行できないと、
見た目が味気なくなってしまいますが、

2回以上改行できるようになるだけでも、
かなり文章が読みやすく、魅力的になっていきます。

Instagramのキャプションで改行を挿入する方法
  • ドット(.)
  • アンダーライン(_)
  • ハイフン(-)

以上でまとめた文字を通常の改行の代わりに入れておくことで、
何度でもキャプションに改行を入れることができるようになります。

キャプションに改行を加える具体例

今日はビーチへ行ってきました。
.
扱ったので半袖半ズボンで着て正解でしたね!
.
.
砂浜でのかき氷は最高すぎる!!

このように、前述のとおりご紹介した文字を改行の代わりに入力しておくと、
キャプションの文章を読む際に邪魔にならずに開業させることができます。

ハッシュタグへの改行の必要性

ハッシュタグを入力する際にもハッシュタグ毎に改行しているユーザーがいますが、
改行はあくまで読みやすさのためですから、必ずしも実践する必要はありません。
ポイント

キャプションは画像や動画などの投稿を読んでくれている
ユーザー・フォロワーに対して詳細を提供する文章ですから、
読みやすさに拘って設定することが大切です。

その一方で、ハッシュダグは画像や動画に対する追加情報というよりも、
Instagram上で画像や動画が検索された際にヒットしやすくするためのものです。

ですから、ハッシュタグはユーザーやフォロワーに
読んでもらうために設定しているものではないですし、
実際に、ハッシュタグを読んでいる方はいないと考えられます。

ハッシュタグの部分の見た目にもこだわりたい
と考えられているのなら別ですが、

投稿に掛ける時間を少しでも短縮したいと考えられているのであれば、
必ずしもハッシュタグに改行を入れる必要性はありません。

最後に

今回のブログ記事では、Instagramのキャプションに2回以上改行を入れる方法についてお伝えしていきました。
喜び

改行を入れながらキャプションを書いていくことで、
断然読みやすくなりますし、投稿への反応も上がります。

キャプションは画像や動画に関するより詳しい情報を提供するために
フォロワーに読みやすく設定することが重要ですが、

ハッシュタグはあくまでも検索にヒットしやすくするために
設定するもので読んでもらうためのものではありません。

そのため、ハッシュタグは必ずしも
改行を入れながら入力していく必要はないということです。