Instagram 非公開 ブロック

Instagramアカウントの『非公開モード』と『ブロック』の
違いを見分ける方法について解説していきます。
ポイント

気になっているユーザーが『非公開モード』なのか、
それともブロックされているのかをチェックする
方法についてご紹介していきます。

今回のブログ記事のコンテンツ一覧
  • 『非公開モード』の際のユーザーアカウントの見え方
  • ブロックされた際のユーザーアカウントの見え方

それではまず、『非公開モード』に設定されている
ユーザーアカウントの見え方について解説していきます。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

『非公開モード』の際のユーザーアカウントの見え方

ポイント

それではまず、『公開モード』のアカウントと
『非公開モード』の違いについて確認しておきましょう。

『公開モード』のアカウントの見え方

公開モードのアカウントであれば、
コチラのようにプロフィールページから投稿が確認できます。

さらに、投稿の上部にはプロフィールアイコンや
フォトマップのアイコンも表示されています。

『Atsushi Travel』では 位置情報を使った投稿をしていないため、
フォトマップのアイコンは表示されていません。

IMG_2277

また、『フォローする』のボタンをクリックすると
『フォロー済み』という表示にボタンの表示が変化します。

『非公開モード』のアカウントの見え方

Instagramアカウントが『非公開モード』に設定されていると、
投稿があっても投稿が表示される代わりに、

『このアカウントは非公開です。』というメッセージがだけ表示されます。

その一方で、投稿部分の上部には、
プロフィールやフォトマップのアイコンが変わらず表示されています。

IMG_2278

また、『フォローする』というボタンをタップすると、
『リクエスト済み』というようにボタンの表示が切り替わります。

この際に、『非公開モード』のユーザーに
フォローリクエストが送信されています。

そして、フォローリクエストが承認されればフォロワーとなり、
『フォロー済み』に表示が変わります。

それでは続いて、ブロックされた際には
アカウントがどのように表示されるようになるのかをご紹介していきます。

ブロックされた際のユーザーアカウントの見え方

Instagramでブロックされたユーザーのプロフィールをページを確認すると、
ブロックならではの特徴を確認でき、それによってブロックされたと判断できます。
ポイント

ブロックされている
アカウントのプロフィールページには、
以下のような特徴が見られます。

ブロックされているユーザーのプロフィールページの特徴
  • フォローボタンをタップしても、すぐに表示が元に戻る
  • 相手の投稿写真が『ありません』と表示される
  • フォトマップのマップ情報が読み込めない
  • ユーザーネームを検索しても表示されない

フォローボタンをタップしても、すぐに表示が元に戻る

ポイント

通常フォローボタンを押すと、リクエストされたユーザーが
『承認』もしくは、『拒否』する間のタイムラグが生じます。

しかし、既にユーザーからブロックされている場合には
何度タップしてもすぐに『フォローする』にボタンが戻ってしまいます。

相手の投稿写真が『ありません』と表示される

悩み

プロフィールページで今まで画像や動画の投稿が表示されていたとしても、
一度ブロックされてしまうと『投稿がありません』という
メッセージのみが表示されるようになります。

ブロックされてしまうということは、
それまではInstagramで交流されていたことが予想されますが、

以前までに閲覧できていた投稿が見れなくなっている場合には、
高い確率でブロックされていると考えられます。

フォトマップのマップ情報が読み込めない

ポイント

ブロックされていたとしてもプロフィールページから
フォトマップのアイコンをタップすることはできますが、
『マップ情報を読み込めませんでした』としか表示されなくなります。

スクリーンショット 2016-09-07 21.07.40

フォトマップでは位置情報が入力された画像や動画が投稿される度に、
世界地図の該当する場所に画像や動画が表示されるようになります。

しかしながら、ユーザーからブロックされている場合には、
フォトマップをタップしても画像の情報を得ることができません。

ユーザーネームを検索しても表示されない

悩み

ダイレクトメッセージなどを送信しようとしてユーザーネームを検索しても、
ブロックされているユーザーは検索結果画面に表示されません。

 <追記>
以前はブロックユーザーのプロフィールを確認できましたが、
現在の仕様では検索にヒットしなくなっています。

IMG_2280

最後に

今回は『非公開モード』のユーザーとあなたのアカウントを
ブロックしているユーザーを見分ける方法についてお伝えしていきました。
ポイント

以前まではブロックしているユーザーの
プロフィールページも表示されていましたが、

現在では仕様が変わり、
ユーザーネームで検索してもヒットしなくなりました。

そのため、特に気になっているInstagramユーザーで
ユーザーネームをハッキリ覚えている場合には、

そのユーザーネームを入力して検索して、
ブロックされているかどうかを簡単にチェックできます。

もし、検索結果画面に表示されるようであれば、
投稿が閲覧できなかった場合には『非公開モード』になっています。

また、そもそも検索結果画面にアカウントが表示されなければ、
確実にブロックされているということも分かってしまいます。

ブロックすれば迷惑な相手からのダイレクトメッセージや
気分を害するような画像や動画を一切気にする必要がありませんが、

日常生活でどうしても合わなければならない人間関係であれば、
ブロックがバレてしまった際にキマづくなりますし、
人によっては恨んでくる場合もあると思います。

喜び

ブロックせずとも、Instagram上で距離を置く方法については
コチラのブログ記事で分かりやすく解説しています。