Instagram ダイレクトメッセージ

Instagramではプロフィールページに画像や動画を投稿するだけでなく、
特定のユーザーに対してのみダイレクトメッセージを送信することもできます。
ポイント

ダイレクトメッセージを送信する際の注意点や
よくある質問についてまとめて解説していきます。

ダイレクトメッセージを送ることができる条件や
知らないユーザーから送られてくるDMが迷惑な場合など、
様々な状況に応じて対処法もご紹介していきます。

今回のブログ記事のコンテンツ一覧
  • ダイレクトメッセージに関するよくある質問
  • Instagramでのダイレクトメッセージの使い方
  • ダイレクトメッセージを無視したい場合の設定方法

それではまず、ダイレクトメッセージについて
よく受ける質問についてお答えしていきます。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

ダイレクトメッセージに関するよくある質問

ここではまず、ダイレクトメッセージについての基本的な情報を確認しながら、
Instagram上でダイレクトメッセージを利用する際のポイントについてチェックしていきます。

ダイレクトメッセージとは何か?

ポイント

『ダイレクトメッセージ』とは、特定のユーザー同士のみで
画像や動画を共有することができる機能です。

ダイレクトメッセージで送信された
画像や動画はグループメンバーしか閲覧することができません。

フォロワー全体に公開してしまうと不安だけど、
より信頼できる実際の友人間だけで画像を共有したい時に効果的です。

誰にでも送ることができるの?

ポイント

ダイレクトメッセージはどのユーザーに対しても送信することができます。

フォローが承認されていない『非公開モード』の
Instagramユーザーに対しても画像や動画を送信することができます。

不特定多数から届くのが嫌な場合は?

ポイント

不特定多数のユーザーから
ダイレクトメッセージを送信されることを防ぐことはできません。

ただし、フォロワー以外のユーザーからダイレクトメッセージが届いた際には、
そのユーザーからのDMを『受け取る』もしくは、『拒否する』選択ができます。

この際に『受け取らない』という選択をした場合には、
そのユーザーは自動的に『無視リスト』に追加されることになります。

一度『無視リスト』に追加されると 無視を解除するまでは、
そのユーザーからのダイレクトメッセージは受け付けられなくなります。

既読機能ってあるの?

ポイント

Instagramのダイレクトメッセージにも『既読機能』が実装されています。

LINEアプリでは有名な機能ですが、
ダイレクトメッセージの送信者は受信者が
メッセージを確認したかどうかをチェックすることができます。

反対に、メッセージ受信者は安易にメッセージを開封してしまうと、
送信者に確認されたことが気付かれてしまうため気をつけるようにしましょう。

LINEでは、『既読無視』といったことが原因でSNS疲れしてしまう人が多いですが、
必要以上に『既読』になったかどうかを気にしないようにしましょう。

コメントだけ送れる?

ポイント

Instagramのダイレクトメッセージでは、
メッセージのみを送信することもできます。

特定のユーザーにダイレクトメッセージを送信する場合には、
画像、動画もしくは、メッセージを送信することができます。

ブロックした相手から届く?

喜び

ブロックしたユーザーからは基本的にDMは届きません。

ダイレクトメッセージを送信する際には、
ユーザーネームを入力して宛先を設定する必要がありますが、

ブロックされているユーザーが
あなたのユーザーIDを入力して検索したとしても、
『該当なし』と表示されて宛先に追加することができません。

ただし、これまでに一度でもダイレクトメッセージが送信されている場合には、
あなたのアカウントに対する宛先が残っているために送信できてしまいます。

しかし、もしブロックしているユーザーからダイレクトメッセージが届いてしまった場合には、
ダイレクトメッセージを『受け取らない』設定をすることで、それ以降はDMが届かないようになります。

Instagramでのダイレクトメッセージの使い方

ダイレクトメッセージを送信する側・受信する側
それぞれの操作についてまとめて解説していきます。

ダイレクトメッセージを確認する方法

ポイント

ダイレクトメッセージを確認するためには、
まず『ホームタイムライン』へ移動する必要があります。

画面下部に表示されているアイコンのうち、
一番左側に表示されるホームアイコンをタップすると、
『ホームタイムライン』へ移動することができます。

そうすると、画面右上にメールボックスのアイコンが表示されるので、
そちらのアイコンをタップすると『ダイレクトメッセージ』の確認画面へ移動します。

IMG_2249

以下のような画面に表示が切り替わりますが、
こちらが『ダイレクトメッセージ』の確認画面になります。

IMG_2250

この画面には、これまでに送受信されたダイレクトメッセージが保存されていきます。

また、この画面からダイレクトメッセージへ返信したり、
削除・無視・ブロックといった操作を行うこともできます。

ダイレクトメッセージを送信する方法

それでは続いて、Instagramでダイレクトメッセージを送る方法を解説していきます。
画像を使いながら丁寧に解説していきますので流れをイメージしてみてください。
ポイント

今回はiPhone版のInstagramで操作していますが、
アンドロイドも位置関係は全く同様です。

ダイレクトメッセージを作成する

画面の右側上部に表示されているプラスボタンをタップすると、
ダイレクトメッセージを作成する画面へ移動します。

今回は写真をユーザーに送信してみようと思います。
写真・動画・メッセージを送る手順は全て同様になります。

IMG_2251

『写真または動画を送信』をタップすると、
ライブラリ・写真・動画の選択肢が表示されます。

写真もしくは動画をタップするとカメラ画面へ切り替わり、
リアルタイムで撮影したコンテンツを送信することができます。

今回はライブラリを選択肢て、
カメラロールの写真を送信してみます。

IMG_2252

送信したい画像を選択して『次へ』をタップすると、
Instagramで通常の投稿をするように編集画面へ切り替わります。

ここで通常の投稿のように編集した画像や動画を送信することができます。

画像の編集を完了させてから『次へ』をクリックすると、
キャプションと宛先を入力する画面へ移動します。

IMG_2253

宛先は2つの方法で入力することができます。

  • 宛先一覧で自動的に表示されているユーザーをタップして追加
  • 『宛先:』の部分をタップしてユーザーを検索して追加
 宛先からユーザーを削除したい場合には、
2回連続してタップすれば削除することができます。

IMG_2254

キャプションも設定を完了させてから、
『送信』をタップすればダイレクトメッセージを送信することができます。

送信が完了すると『ダイレクトメッセージ』の確認画面で、
以下のように、送受信済みのメッセージ一覧に新着メッセージとして追加されます。

IMG_2264

 

DMを送信したユーザーの操作

送信したユーザーができるアクション
  • メッセージを既読したかの確認
  • スレッドからの退出

メッセージを既読したかの確認

ポイント

LINEと同様にInstagramで送信した
ダイレクトメッセージが開封されたどうかを確認することができます。

例えば、『test』というメッセージを送信して受信者に既読されると
以下の画面で確認できるように、メッセージの上部に既読された時間が表示されます。

IMG_2263

メッセージ上部に時間帯が表示されていない場合には、
まだメッセージ受信がダイレクトメッセージを開封していないと判断できます。

スレットからの退出

ポイント

ダイレクトメッセージを送信するとスレッドが自動的に作成されますが、
メッセージボックスを整理したくなった場合には退出できます。

送信したダイレクトメッセージの画面へ移動すると、
画面上部に『ビックリマーク』があるのでタップします。

IMG_2261

すると、以下の画面のように『スレッドを退出』という項目が表示されているので、
こちらのボタンをタップすればスレッドを退出することができます。

IMG_2262

DMを受信したユーザーの操作

DMを受信したユーザーができるアクション
  • メッセージを受信するかどうかの選択
  • メッセージ開封を通知するかどうかの選択

メッセージを受信するかどうかの選択

フォロワーでないユーザーからダイレクトメッセージが送信されると、
以下のようにメッセージ・リクエストというものが表示されます。

メッセージ・リクエストの許可・拒否を選択する場合には、
上部の青いメッセージ部分をタップします。

IMG_2265

そうすると以下のように、メッセージ・リクエストを
送信してきたユーザーが一覧で表示されます。

メッセージ・リクエストの承認・拒否を
選択したいユーザーをタップします。

IMG_2266

そうすると、ユーザーからのダイレクトメッセージが表示された上で、
『拒否する』と『許可する』 それぞれのボタンが表示されます。

IMG_2267

メッセージ開封を通知するかどうかの選択

『拒否する』を選択すると それ以降は、
このユーザーからダイレクトメッセージが送信されても、
あなたのアカウントはDMを受診しないように設定されます。

その一方で、『許可する』をタップすると、
このユーザーからのDMはDM一覧に表示されるようになり、
あなかのアカウントがこのメッセージを開封したことも通知されます。

許可した後にメッセージを無視したい場合

ただし、一度許可したとしてもメッセージのやり取りをしていく中で、
メッセージを受診したくないと感じる場合もあると思います。

その場合には、無視したいユーザーとのダイレクトメッセージを開いてから、
画面右上に表示されている『ビックリマーク』をタップします。

IMG_2269

そうすると、『お知らせをミュート』という項目があるので、
右側に表示されているボタンをタップすれば通知がミュートされます。

また、『ユーザーをブロックする』をタップすれば、
そのユーザーをブロックしてしまうことも可能です。

IMG_2270

最後に

今回は『インスタグラムのダイレクトメッセージを送れる相手の条件とは?』というテーマで、
ダイレクトメッセージを送信する基本的な方法から詳しい操作まで確認していきました。
ポイント

基本的にダイレクトメッセージは
どのユーザーに対しても送信することができますし、

ブロックされている相手に対しても
メッセージを送ることも可能です。

また、受信するユーザーもダイレクトメッセージを開封したとしても、
相手に開封を通知しないように設定することもできるので、
便利ですからぜひ機能の使い方を確認しておきましょう。

ちなみに、Instagramの基本的な仕様では改行できないようになっていますが、
こちらのブログ記事で紹介している方法であれば、自由に投稿やコメントで改行できます。

改行を使いこなすことで以下のようなメリットも得ることができます。

コメントに改行を加える2つのメリット
  • コメントが圧倒的に読みやすくなる
  • 投稿への反応率が上がりやすくなる
喜び

コメントやキャプションで好きなだけ開業できるようにする方法は
こちらのブログ記事で分かりやすく解説しています。