Facebook, クレジットカード, 詐欺,

  • Facebookにログインしたら、クレジットカード情報の入力が求められた!
  • クレカ情報を入力しないとFacebookアカウントが削除されるって警告された!
  • Facebookフィッシング詐欺の手口と対策法をまとめて確認したい!
  • Facebookで本人確認のためにログイン情報やクレカ情報を入力することってあるの?

他のSNSでも同じように、最近ではFacebook上でもフィッシング詐欺が発生するようになってきました。

フィッシング詐欺とは、偽のウェブサイトにログイン情報やその他の個人情報を入力するようあなたを誘導し、あなたのアカウントにアクセスしたり、個人情報を記録したりしようとする悪意のある行為のことを指します。

ポイント

手口としては、無料の偽サービス、レアなゲーム内アイテム、非公開または限定のバーチャルアイテム(コイン、チップ、ギフトなど)といった何らかの理由をつけて、ログイン情報やクレジットカード情報の入力が求められます。

一見すると、公式Facebookからのメッセージのように見えますが、よくチェックしてみると以下のような怪しいポイントが見つかるはずです。

フィッシング詐欺を見破るポイント
  • 誤字脱字のあるメッセージ
  • フォントが統一されていない
  • 口調がおかしいメッセージ
  • あなたのパスワードが添付されていることを主張するメッセージ

ちなみに、Facebookの公式ヘルプでも以下のような内容のメッセージをFacebookユーザーに送ることはないと掲載されています。

Facebook公式が求めない内容
  • アカウントのパスワード
  • 社会保障番号または納税者番号
  • クレジットカード番号または暗証番号

以上のような内容の入力を求めてくるページが表示された場合には、まずフィッシィング詐欺だと疑いましょう。

また、フィッシング詐欺では『すぐに措置を施さないとあなたのアカウントが削除またはブロックされることを主張するメッセージ』もよく送られてきますから、慌ててログイン情報やクレジットカード情報を入力しないように注意してください。

ポイント

さて、ここまではfacebookフィッシング詐欺を見分ける方法についてお伝えしてきましたが、以下のブログ記事ではアカウントの安全を確保する方法をご紹介していきます。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

アカウントの安全を確保する6つの方法

パスワードを使いまわさない

ポイント

Facebookアカウントに設定したパスワードを他のSNSやアプリでも使いまわさないようにしてください。

また、自分の名前や一般的な言葉を含めるよな推測されやすいパスワードは設定しないようにします。

喜び

Facebookアカウントのパスワードを再設定する方法についてはこちらのブログ記事を参考にしてください。

ログイン情報を不用意に入力しない

ポイント

フィッシング詐欺などに限らずに、あらゆるインターネット詐欺の場合には、最終的にログイン情報の入力を要求してきます。

いつもと雰囲気の違うサイトだったり、クリックした覚えもないのに自動的に表示されるページのほとんどは詐欺を疑いましょう。

また、URLを確認して見慣れない文字列のURLであれば、決してログイン情報を入力しないようにしてください。

他人と共有するコンピュータでは極力ログインしない

ポイント

ネットカフェ等であれば、他人のログイン情報を抜き取ることを目的で潜伏している詐欺犯も存在します。

できるだけ他人と共有するパソコンではログイン情報を入力しないようにすべきですが、どうしてもログインする必要がある場合には、決してログイン情報を保存しないように注意しましょう。

もしログイン情報を入力してしまった場合には、パスワードを再設定することで直接パソコンを利用せずともログアウトすることができます。

喜び

Facebookアカウントのパスワードを再設定する方法についてはこちらのブログ記事を参考にしてください。

知らないアカウントと友達にならない

ポイント

Facebookは救済措置として、ある一定数以上のFacebook友達からの確認が取れれば、あなたのFaecbookアカウントのパスワード再設定メールをFacebook友達に送るというものがあります。

この機能を悪用して、ターゲットとなるFacebookアカウントに架空のアカウントで友だちになり、あなたのFacebookアカウントのパスワード再設定メールを受け取ろうとする詐欺犯も居ます。

ログインアラートやログイン認証を導入する

ポイント

いつどこでどういったデバイスでFacebookアカウントにログインしているのかをチェックする機能がFacebookにはあります。

また、あらかじめ指定したデバイスでしかFacebookアカウントにログインできないようにする『ログイン認証』という機能もありますから、まだ使っていないようであれば使い始めましょう。

喜び

ログインアラートやログイン認証の設定方法については、こちらのブログ記事を参考にしてください。

最後に

今回のブログ記事では、Facebookフィッシング詐欺の手口や対策、そしてアカウントの安全を確保する方法について解説していきました。
ポイント

フィッシング詐欺では、あらゆる理由や手口によってあなたのログイン情報やクレジットカード情報の入力を求めてきます。

一見すると、公式Facebookからのメッセージのように見えますが、よくチェックしてみると以下のような怪しいポイントが見つかるはずです。

フィッシング詐欺を見破るポイント
  • 誤字脱字のあるメッセージ
  • フォントが統一されていない
  • 口調がおかしいメッセージ
  • あなたのパスワードが添付されていることを主張するメッセージ

ちなみに、Facebookの公式ヘルプでも以下のような内容のメッセージをFacebookユーザーに送ることはないと掲載されています。

Facebook公式が求めない内容
  • アカウントのパスワード
  • 社会保障番号または納税者番号
  • クレジットカード番号または暗証番号

以上のような内容の入力を求めてくるページが表示された場合には、まずフィッシィング詐欺だと疑いましょう。

また、フィッシング詐欺では『すぐに措置を施さないとあなたのアカウントが削除またはブロックされることを主張するメッセージ』もよく送られてきますから、慌ててログイン情報やクレジットカード情報を入力しないように注意してください。

喜び

もし、Facebookアカウントが不正ログインされたと感じたら こちらのブログ記事を参考にして直ちに対処してください。