Facebook, 追悼アカウント, 追悼管理人, 指定方法

  • Facebookアカウントを追悼アカウントに移行したい!
  • Facebook追悼アカウントの管理人を指定する方法は?
  • 追悼アカウントの管理人はFacebook友達しか選択できない?

Facebookには『追悼機能』というものがあり、アカウント所有者であるあなたが亡くなられてからはFacebook友達が思い出の写真や動画を共有する場として使い続けてもらうことができます。

ポイント

『自分自身が死んだ後は、Facebookアカウントはどうなってしまうんだろうか?』とふと心配になったことがある方は多いのではないでしょうか?

あなた自身であらかじめ設定しておくことで、Facebookアカウントを完全に削除したり、追悼アカウントに移行するといった選択をすることができます。

アカウントの完全削除は一般的に認知されていると思いますが、追悼アカウントに関してはなかなかご存知無い方も多いのではないでしょうか

ポイント

追悼アカウントには、主に以下のような機能があります。

追悼アカウントの機能一覧
  • プロフィールにあるアカウント所有者の名前の横に、「追悼」と表示されます。
  • アカウントのプライバシー設定に応じて、友達は追悼タイムラインで思い出をシェアできます。
  • 写真や投稿など、アカウント所有者がシェアしていたコンテンツはFacebookに存続し、シェアしていた相手は引き続きそのコンテンツを見ることができます。
  • 追悼プロフィールは、[知り合いかも]の提案、広告、誕生日のお知らせなどの公開スペースには表示されません。
  • 追悼アカウントには誰もログインできません。
  • 追悼アカウント管理人のいない追悼アカウントは変更できません。
  • 管理者が1人しかいないFacebookページで、その管理者のアカウントが追悼アカウントになった場合、そのページに対して有効なリクエストがあればFacebookから削除されます。

このように、あらかじめ追悼アカウントに移行するように設定しておけば、あなたのFacebookアカウントを活用して思い出の写真や動画を共有し合える追悼の場を家族や友人に提供することができます。

ただし、今回のブログ記事のタイトルにもありますが、追悼アカウントの管理人はFacebook友達の中からシカ指定することができません。

そこで、以下のブログ記事では あなたの死後に追悼アカウントの管理を任せる相手を指定する方法をご紹介していきます。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

追悼アカウントの管理人を設定

Facebookアカウントをあなたの死後に追悼アカウントに切り替えるには、あらかじめ追悼アカウントの管理人を指定しておく必要があります。

設定画面へ移動

追悼アカウントの管理人を指定するためには、まずはFacebookの設定画面へ移動します。

Facebook画面の右上に表示されている逆三角形マークをクリックすると、『設定』という項目が表示されるのでクリックします。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

『セキュリティ』⇒『追悼アカウント管理人』

続いて、セキュリティ設定メニューの『追悼アカウント管理人』をクリックします。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

そうすると、追悼アカウントの管理人を指定する画面が表示されます。

『友達を選択』という欄があるので、こちらに追悼アカウントの管理人に指定したいFacebook友達を追加します。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

データアーカイブの許可

そうすると、以下のように指定されたFacebook友達のプロフィール写真と名前が表示されます。

ちなみに、『データアーカイブの許可』という項目にチェックを入れておくと、追悼アカウントの管理人があなたのタイムライン上の写真や投稿などのあらゆるデータをダウンロードすることができるようになります。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

また、追悼アカウントの管理人に指定したFaecbook友達に対して、その旨をFacebookメッセージで連絡することができます。

以下のようなメッセージ内容が用意されているので、自由に修正してからメッセージを送るようにしましょう。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

以上で、Facebookアカウントをあなたの死後に追悼アカウントに変更するための設定は完了です。

最後に

今回のブログ記事では、あなたの死後に追悼アカウントの管理を任せる相手を指定する方法を分かりやすく解説していきました。
ポイント

『自分自身が死んだ後は、Facebookアカウントはどうなってしまうんだろうか?』とふと心配になったことがある方は多いと思います。

あなた自身であらかじめ設定しておくことで、Facebookアカウントを完全に削除したり、追悼アカウントに移行するといった選択をすることができます。

ポイント

追悼アカウントには、主に以下のような機能があります。

追悼アカウントの機能一覧
  • プロフィールにあるアカウント所有者の名前の横に、「追悼」と表示されます。
  • アカウントのプライバシー設定に応じて、友達は追悼タイムラインで思い出をシェアできます。
  • 写真や投稿など、アカウント所有者がシェアしていたコンテンツはFacebookに存続し、シェアしていた相手は引き続きそのコンテンツを見ることができます。
  • 追悼プロフィールは、[知り合いかも]の提案、広告、誕生日のお知らせなどの公開スペースには表示されません。
  • 追悼アカウントには誰もログインできません。
  • 追悼アカウント管理人のいない追悼アカウントは変更できません。
  • 管理者が1人しかいないFacebookページで、その管理者のアカウントが追悼アカウントになった場合、そのページに対して有効なリクエストがあればFacebookから削除されます。

このように、あらかじめ追悼アカウントに移行するように設定しておけば、あなたのFacebookアカウントを活用して思い出の写真や動画を共有し合える追悼の場を家族や友人に提供することができます。

ただし、今回のブログ記事のタイトルにもありますが、追悼アカウントの管理人はFacebook友達の中からシカ指定することができないので注意してください。

喜び

あなたの死後にFacebookアカウントを追悼アカウントに移行するのではなく、完全削除したい場合には、こちらのブログ記事を参考にしてください。

チェック ⇒  自分が死んだらFacebookはどうなる…?追悼アカウント機能が便利!自分が死んだらFacebookはどうなる…?追悼アカウント機能が便利!