Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

  • 自分が死んだらFacebookアカウントってどうなるの?
  • 自分が死んだらFacebookアカウントは削除されるの?
  • 自分が死んでもFacebookアカウントを残しておくことはできる?
  • Facebookアカウントの追悼機能って何?使い方は?

Facebookアカウントの所有主であるあなたが亡くなられた場合には、Facebookアカウントを追悼アカウントに変更するか、完全に削除するか2つの選択肢から選ぶことができます。

追悼アカウントにする場合でも、Facebookアカウントを完全に削除する場合であっても、事前にアカウント上で設定しておくことが必要になります。

ポイント

Facebook所有者であるあなたが亡くなられた後では、Facebookアカウントの削除といった作業にはかなり手間がかかってしまいますから、あらかじめ設定しておくことをオススメします。

一般的には、アカウント所有者が亡くなられてしまった場合には、アカウントの完全削除しか方法がないと思われています。

しかしながら本人の希望があれば、亡くなられた後はFacebookアカウントを追悼のために活用することができます。

亡くなられた後に、Facebookアカウントを完全に削除してしまっては、あなたとの思い出の写真を二度と見ることができなくなって悲しむ方も多くいらっしゃるはずです。

その一方で追悼アカウントに設定すれば、あなたの友達や家族が思い出の写真や動画を共有し合うことで、あなたのことをいつまでも大切に思い続けることができます。

そこで今回のブログ記事では、Facebookアカウントを『追悼アカウントとして使うための設定方法』と亡くなられた場合に『Facebookアカウントを完全に削除する方法』それぞれについてお伝えしていきます。

ブログ記事のコンテンツ一覧
  • 追悼アカウントとして使うための設定方法
  • Facebookアカウントを完全に削除する方法

Facebook利用者は事前に、Facebookアカウントの死後の対応を意思表示しておくことができます。

それではまず、追悼アカウントに設定する方法からチェックしていきましょう。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

追悼アカウントとして使うための設定方法

追悼アカウントとは、利用者が亡くなった後で友達や家族が集い、その人の思い出をシェアするための場所です。
ポイント

追悼アカウントには、主に以下のような機能があります。

追悼アカウントの機能一覧
  • プロフィールにあるアカウント所有者の名前の横に、「追悼」と表示されます。
  • アカウントのプライバシー設定に応じて、友達は追悼タイムラインで思い出をシェアできます。
  • 写真や投稿など、アカウント所有者がシェアしていたコンテンツはFacebookに存続し、シェアしていた相手は引き続きそのコンテンツを見ることができます。
  • 追悼プロフィールは、[知り合いかも]の提案、広告、誕生日のお知らせなどの公開スペースには表示されません。
  • 追悼アカウントには誰もログインできません。
  • 追悼アカウント管理人のいない追悼アカウントは変更できません。
  • 管理者が1人しかいないFacebookページで、その管理者のアカウントが追悼アカウントになった場合、そのページに対して有効なリクエストがあればFacebookから削除されます。

追悼アカウントの管理人を設定

Facebookアカウントをあなたの死後に追悼アカウントに切り替えるには、あらかじめ追悼アカウントの管理人を指定しておく必要があります。

設定画面へ移動

追悼アカウントの管理人を指定するためには、まずはFacebookの設定画面へ移動します。

Facebook画面の右上に表示されている逆三角形マークをクリックすると、『設定』という項目が表示されるのでクリックします。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

『セキュリティ』⇒『追悼アカウント管理人』

続いて、セキュリティ設定メニューの『追悼アカウント管理人』をクリックします。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

そうすると、追悼アカウントの管理人を指定する画面が表示されます。

『友達を選択』という欄があるので、こちらに追悼アカウントの管理人に指定したいFacebook友達を追加します。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

データアーカイブの許可

そうすると、以下のように指定されたFacebook友達のプロフィール写真と名前が表示されます。

ちなみに、『データアーカイブの許可』という項目にチェックを入れておくと、追悼アカウントの管理人があなたのタイムライン上の写真や投稿などのあらゆるデータをダウンロードすることができるようになります。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

また、追悼アカウントの管理人に指定したFaecbook友達に対して、その旨をFacebookメッセージで連絡することができます。

以下のようなメッセージ内容が用意されているので、自由に修正してからメッセージを送るようにしましょう。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

以上で、Facebookアカウントをあなたの死後に追悼アカウントに変更するための設定は完了です。

Facebookアカウントを完全に削除する方法

ご自分が亡くなったときにはアカウントを完全に削除するという選択もあります。
ポイント

亡くなられた後は、Facebookアカウントを完全に削除したい場合には、以下の流れに沿って手続きを進めていきます。

設定画面へ移動

Facebookアカウントの削除設定をするためにも、まずはFacebookの設定画面へ移動します。

Facebook画面の右上に表示されている逆三角形マークをクリックすると、『設定』という項目が表示されるのでクリックします。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

『セキュリティ』⇒『追悼アカウント管理人』

続いて、セキュリティ設定メニューの『追悼アカウント管理人』をクリックします。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

アカウントの削除をリクエストする

追悼アカウントの管理人画面が表示されますが、その下を確認すると『アカウントの削除をリクエストする』という項目があるのでクリックします。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

『死後に削除』をクリック

そうすると、以下のような確認メッセージが表示されるので、『死後に削除』をクリックします。

もし、あらかじめ追悼アカウントの管理人が指定されていた場合には、管理人が削除されることになります。

Facebook,自分が死んだら, 追悼機能

以上の設定で、あなたの死亡がFacebookに連絡された段階で直ちにアカウント情報が完全に削除されることになります。

友達や家族の死亡連絡

もし、ご友人や家族が亡くなられ、追悼アカウントや削除の設定が予めされていなかった場合には、Facebookに所有者の死亡を連絡することでFacebookアカウントの追悼アカウントへの移行や完全削除を要求することができます。

また、ご家族や仲の良いFacebook友達とグループを作ってクローズドな形で写真や動画を共有しあって追悼する場を設けることも方法の一つです。

最後に

今回のブログ記事では、Facebookアカウントを『追悼アカウントとして使うための設定方法』と亡くなられた場合に『Facebookアカウントを完全に削除する方法』それぞれについてお伝えしていきました。
ポイント

Facebookアカウントの所有主であるあなたが亡くなられた場合には、Facebookアカウントを追悼アカウントに変更するか、完全に削除するか2つの選択肢から選ぶことができます。

追悼アカウントにする場合でも、Facebookアカウントを完全に削除する場合であっても、事前にアカウント上で設定しておくことが必要になります。

亡くなられた後に、Facebookアカウントを完全に削除してしまっては、あなたとの思い出の写真を二度と見ることができなくなって悲しむ方も多くいらっしゃるはずです。

その一方で追悼アカウントに設定すれば、あなたの友達や家族が思い出の写真や動画を共有し合うことで、あなたのことをいつまでも大切に思い続けることができます。

ですから、あなたにとって納得できる形で死後のFacebookアカウントの対処方法について、あらかじめ設定しておくことをオススメします。