Facebook登録, 別名, 偽名

  • Facebookって偽名や別名でも登録できるの?
  • どんな名前だったら偽名・別名でもバレないの?

Facebookは原則として本名・実名で登録することになっていますが、実際の所は偽名や別名でFacebookアカウントを作成して利用してもバレることは基本的にありません。

ポイント

今回のブログ記事のタイトルでも『どんな名前が認められる?』というフレーズがありますが、基本的にどんな名前であっても偽名・別名だと判断されることは基本的にありません。

Facebook公式ヘルプの方では、『偽名であると判明次第、アカウントを削除します。』と書かれていますが、1日にも膨大な登録数があるFacebookですから、まず偽名・別名でFaecbookアカウントを作成しても削除される心配はありません。

万が一、あなたが偽名・別名のアカウントを利用していることを知った友達に Facebook運営に通報された場合にのみ、削除されてしまう可能性があると考えられます。

でも、別にそこまでして他人のFacebookアカウントを削除したいと考えるような方はほとんど居ないでしょうし、偽名・別名アカウントを使っている方であれば、実際の友人ともFacebook上では交流しないのではないでしょうか。

また、プロフィール画像や個人情報から 本人であるとバレてしまう可能性も考えられますが、Facebookのプロフィール画像はイラストなどでも問題ありませんから、そこまで気にする必要はないでしょう。

というわけで内容をまとめると、Facebookアカウントは偽名・別名で作成したとしても基本的にバレることはなく、通常通りに利用することができます。

ただし、Facebookの公式ヘルプでは使用する名前に関してのガイドラインが示されていますので、以下でチェックしておきましょう。

ポイント

名前に以下を含めることはできませんので、ご注意ください。

Facebookの名前として使用できない文字列
  • 記号、数字、不要な大文字、繰返し文字、句読点
  • 複数の文字種
  • あらゆる種類の肩書き(職業上、宗教上など)
  • 名前に代わる語句やフレーズ
  • あらゆる種類の不快または露骨な語句

ですから、たとえば以下のような名前ではFacebookに登録することはできません。

  • あつし!!
  • AtuAtuAtuAtu
  • 執行役員代行
  • チャラピッピ
  • 地獄からの悲鳴

以上の条件以外にも Facebookで使う名前に関しては、以下のような規定があります。

Facebookアカウントで使う名前に関する規定
  • プロフィール上の名前は、普段の生活で友達があなたを呼ぶときの名前にしてください。
    この名前は、本人確認書類、または本人確認書類リストに含まれている書類に記載されている必要があります。
  • ニックネームは、実名のバリエーションである場合に限り認められます(ロバートのかわりにボブなど)。
  • アカウントに別の名前(旧姓、ニックネーム、事業で使用している名称など)を追加できます。
  • プロフィールは、個人としてのみ利用できます。ビジネス、組織、または特定のアイデアのFacebookページを作成できます。
  • 他人や関連のない団体等を名乗ることは禁じられています。

以下のブログ記事では補足情報として、偽名・別名でFacebookを利用していく上で考えられるデメリットやリスクについて考えていきたいと思います。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

Facebook経由で知り合った方との信頼

ポイント

ここまでの内容を読んでいただいていれば、基本的に通常通りにFacebookを利用していく上では 友達に偽名・別名であることがバレる心配は全くありません。

ただし、Facebook上で知り合った方々とのオフ会などに参加する際などに、何かの表紙に偽名・別名であることがバレてしまうと相手からの信頼を失ってしまうリスクが考えられます。

もし、今まで交流していた友達が偽名・別名を使用していたと知ってしまったら。。。相手の立場になって考えれば、確実にイメージダウンしてしまうことは容易に考えられるはずです。

Facebookアカウントが停止・削除される原因

ポイント

偽名や別名を利用してFacebookアカウントを作成したとしても、本人確認書類の提出が求められるわけではないですから、特にバレる心配もなく、アカウントが停止・削除させることはありません。

ただし、本名・実名ではないからと言って、公序良俗に反するような投稿をしたり、出会い系目的などでFacebookを利用しているとアカウントを停止されてしまうリスクがあります。

Facebookは基本的に既存の繋がりとの交流を深める目的のSNSですが、Facebookグループなどに参加すれば、共通の趣味・興味を持つ人々とも交流することができます。

こうした場を利用する際には、別名だからと不用意な発言は控えるようにしてください。

最後に

今回のブログ記事では、偽名・別名でFacebookアカウントを作成することができるのか?という疑問にお答えしていきました。
ポイント

今回のブログ記事のタイトルでも『どんな名前が認められる?』というフレーズがありますが、基本的にどんな名前であっても偽名・別名だと判断されることは基本的にありません。

Facebook公式ヘルプの方では、『偽名であると判明次第、アカウントを削除します。』と書かれていますが、1日にも膨大な登録数があるFacebookですから、まず偽名・別名でFaecbookアカウントを作成しても削除される心配はありません。

万が一、あなたが偽名・別名のアカウントを利用していることを知った友達に Facebook運営に通報された場合にのみ、削除されてしまう可能性があると考えられます。

ただし、別名で登録しているからといって公序良俗に反するような内容の投稿や他人を罵倒するような不適切な発言をしていると、他のユーザーから通報されてFacebookアカウントが停止させられますので、注意してください。

喜び

また、結婚や離婚などによってFacebookに登録した名前を変更したい場合の対処法については、こちらのブログ記事で分かりやすく解説しています。