instagram 削除アカウント

Instagramアカウントを削除、もしくは一時停止した場合、他のユーザーやフォロワーからはどう見えるのかについて解説していきます。
ポイント

Instagramアカウントは運営側から削除されないかぎり、
基本的には一時停止しかできないと思われている方も多いですが、
自己判断でInstagramアカウントを削除することもできます。

今回のブログ記事のコンテンツ一覧
  • Instagramアカウントを削除・一時停止する方法
  • 削除・一時停止した場合の違い&見え方

今回のブログ記事では、削除・一時停止した
Instagramアカウントの他のユーザーからの見え方だけでなく、

あまり認識されていないInstagramアカウントの削除方法や
アカウントを削除・一時停止した際の見え方についてもお伝えしていきます。

それではまず、Instagramアカウントを
一時停止・削除する方法について解説していきます。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

Instagramアカウントを削除・一時停止する方法

Instagramのプロフィール画面上では、
アカウントの一時停止しかできないように見えますが、
Instagramアカウントを完全に削除してしまうこともできます。
悩み

Instagramアカウントの一時停止は
プロフィール設定画面から行うことができますが、

Instagramアカウントを完全に削除するためには、
『ヘルプ』から削除ページに移動する必要があります。

それではまず、Instagramアカウントを
一時停止にする方法を確認していきましょう。

Instagramアカウントを一時停止する手順

ログイン画面からプロフィール設定へ移動すると、
以下のような画面が表示されます。

プロフィール設定画面の一番下の方をチェックすると、
『Temporarily disable my account(アカウントの一時停止)』、
というボタンが表示されているので、こちらをクリックします。

Instagram アカウント 一時停止

そうすると、以上のような画面へ移動するので、
『Why are you disabling your account?』というボタンをクリックして、
アカウントを一時停止したい理由を選択して下さい。

インスタグラム アカウント一時停止

アカウントを一時停止したい理由を選択すると、
本人確認のためにパスワード入力が要求されます。

『To continue, please re-enter your password』の欄に
ログインパスワードを入力して『Temporarily Disable Account』をクリックします。

インスタグラム 一時停止 パスワード

以上で、Instagramアカウントの一時停止は完了です。

それでは続いて、Instagramアカウントを削除する手順についてお伝えしていきます。

Instagramアカウントを一時停止する手順

Instagramアカウントを完全に削除したい場合には、
『ヘルプ』からアカウントの削除ページヘ移動します。

ポイント

Instagramのアカウント削除ページはこちらです。

アカウントの削除ページヘ移動すると、
以下のような画面が表示されます。

まずは、アカウントの一時停止と同様に、
アカウントを削除したい理由について選択します。

『Why are you deleting your account?』をクリックして、
アカウントを削除したい理由を選択して下さい。

インスタグラム 削除 アカウント

続いては、本人確認のためにパスワードを入力する必要があります。

『To continue, please re-enter your password』の欄に、
ログインする際に使っているパスワードを入力して下さい。

入力が完了したら、『Permanently delete my accout』をクリックします。

スクリーンショット 2016-08-26 18.58.32

以上で、Instagramアカウントの削除が完了します。

ちなみに、Instagramの公式ホームページでは以下のような注意書きが明記されています。

アカウントを削除してしまうと、再び同じユーザーネームで登録したり、別の既存のアカウントに追加したりできません。また、Instagramでも、アカウントを再度有効にすることはできません。

アカウントを一時停止た場合であれば、後ほど復活させることができますが、
削除してしまうと二度とアカウント情報を取り戻すことはできません。

それでは次に、削除 もしくは一時停止した
アカウントの他のユーザーフォロワーからどう見えるのか?

そして、具体的に利用するユーザー側としては
どういった違いがあるのかをご紹介していきます。

削除・一時停止した場合の違い&見え方

Instagramアカウントは一度削除してしまうと二度と復活されることはできませんが、
一時停止をした場合であれば、簡単にアカウントを復活されることができます。
ポイント

Instagramアカウントを削除、もしくは一時停止すると
他のユーザーやフォロワーからはアカウントが表示されずに見えなくなります。

試験的に『atushiworld』のアカウントを一時停止してから
Instagramアカウントを検索してみても検索に結果に表示されません。

スクリーンショット 2016-08-27 19.13.22

それでは、アカウントの削除と一時停止には、
いったいどういった違いがあるのかをお伝えしていきます。

アカウントの削除と一時停止の違いは以下のようにまとめることができます。

アカウント一時停止の場合
  • ログインすれば、アカウントを復活させることができる
  • アカウントに登録しているメールアドレスは使えないまま
  • 同一のユーザー名は誰も使うことができない

アカウント削除の場合
  • 一度削除してしまうと、それ以降は復活させることはできない
  • アカウントに登録していたメールアドレスを再度使うことができる
  • 同一のユーザー名はアカウント削除以降も誰も使うことができない

以上にまとめたポイントをチェックすると、
アカウントの一時停止であれば後ほど復活させることができるため、
敢えてアカウントを削除する必要はないのではないかとも考えられます。

というわけで、Instagramアカウントを
敢えて削除するメリットについて考えてみました。

アカウントを削除するメリット
  • 完全にアカウントを削除してサッパリできる
  • 『不正アクセス』によるアカウントの復活を避けられる
  • アカウントに利用していたメールアドレスで再登録できる

完全にアカウントを削除してサッパリできる

Instagramにかぎらず、FacebookやTwitterなどのアカウントを削除する方は、
SNSにばかり時間を取られることが原因で『SNS疲れ』担っている場合があります。

こうしたケースでは、完全にアカウントを削除することで
精神的にも解放された気持ちになりたいと考える方もいるそうです。

『不正アクセス』によるアカウントの復活を避けられる

アカウントを一時停止していたとしても、
ログインさえしてしまえば簡単にアカウントを復活させられます。

そのため、『不正ログイン』されて悪意のある人間に
アカウントを復活・悪用されてしまう危険性があります。

アカウントを完全に削除しておけば、
『不正ログイン』されてしまうリスクも回避することができます。

アカウントに利用していたメールアドレスで再登録できる

アカウントを一時停止している場合には、会員登録の際に使用した
メールアドレスで再び新しいInstagramアカウントを作ることはできません。

しかしながら、アカウントを完全削除すれば
ユーザー名以外はInstagramから削除されるため、
もう一度同じメールアドレスで登録することができます。

最後に

今回のブログ記事では インスタグラムのアカウントを削除・一時停止した際には、他のユーザーやフォロワーからはどのように見えるのかについてお伝えしていきました。
アカウント削除と一時停止の違いに関してより詳しい説明はこちらにも記載されているので見ておいてください。