インスタ ストーリー 写真 動画

インスタグラムに新機能『Instagram Stories』というものが加わりましたが、画像や動画を共有する方法についてお伝えしていきます。
ポイント

『Instagram Stories』に登録された画像や動画は
投稿されて24時間以内に自動的に削除されます。

そのため、従来のインスタグラム投稿と比較して
よりリアルタイム、かつ気軽に投稿できるようになりました。

今回のブログ記事のコンテンツ一覧
  • 『Instagram Stories』で投稿する方法
  • 『Instagram Stories』の裏ワザ

それではまず、『Instagram Stories』で
画像や動画を投稿する方法についてお伝えしていきます。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

『Instagram Stories』で投稿する方法

instagram stories

『Instagram Stories』で画像や動画を投稿する方法は簡単です。
フィード画面の左上に表示されている『+ボタン』をタップして撮影するだけです。
ポイント

『Instagram Stories』では
よりリアルタイム性が重視されているため、

ガメラで撮影された直後の写真や動画しか
『Instagram Stories』に投稿することができません。

それではさっそく、

『Instagram Stories』を使ってみましょう。

まずはフィード画面へ移動して左上に表示されている
『プラスボタン』をタップします。

インスタグラム ストーリー

そうすると、以下のようにInstagramアプリのカメラが起動するため、
今まで投稿通りに画像や動画を撮影して下さい。

中央の青いボタンをタップすると写真を撮影できますし、
長押しすれば10秒までの動画を撮影することができます。

インスタグラムストーリー カメラ

撮影が完了すると、以下のように画像の加工画面へ移動します。
右上に表示されている『鉛筆マーク』や『アルファベットマーク』をタップすれば、
手書きもしくは、キーボード入力によって文字を画像に書き加えることができます。instagram stories 編集画像の編集が終了したら、中央の『チェックマーク』をタップします。
すると右側の画面へ表示が切り替わるので、

画像を保存、または さらに画像を編集してから
右下の青色のボタンをタップすればStoriesに投稿が完了します。

『Instagram Stories』の裏ワザ

『Instagram Stories』では今までのInstagramでは利用することができなかった
さまざまな機能を『Stories』の投稿限定で利用することができます。
ポイント

アカウントのプライバシー設定とは別に
Stories投稿の公開・共有範囲を設定できますし、

今までの投稿では使うことのできなかった
閲覧した人々の足跡を確認する機能が加わりました。

Instagram Storiesならではの裏ワザ
  • Stories投稿のプライバシー設定をする
  • Stories投稿を閲覧した人々の足跡を確認する

Stories投稿のプライバシー設定をする

喜び

Instagramアカウントのプロフィールは
『公開モード』に設定していても、

Storiesの投稿のみは
『フォロワーのみ』といったように、
プライバシー設定を個別に設定することができます。

『Instagram Stories』のプライバシー設定を
アカウント設定とは異なるように変更する方法は
こちらのブログ記事で分かりやすく解説しています。

Stories投稿を閲覧した人々の足跡を確認する

悩み

Instagramのプロフィールページに表示されている
一般的な投稿の画像や動画の場合には閲覧者の
足跡を確認することはできません。

しかし、『Instagram Stories』であれば24時間以内に
Stories投稿を閲覧したユーザー数&ユーザー名を確認できます。

『Instagram Stories』の投稿を閲覧したユーザーを
確認する方法についてはこちらのブログ記事で解説しています。

最後に

今回のブログ記事では、『Instagram Stories』に画像や動画を投稿する方法についてご紹介していきました。
喜び

プロフィールページでは非表示になり
24時間以内に投稿が消えるために、

一般的な投稿よりもより気軽に
楽しむことができます。

さらに、『Instagram Stories』ならではの
足あと機能を利用することもでき、

実際に自分のアカウントはどういった人々に閲覧されているのかを
チェックしたい方にはぜひ使っていただきたいです。

『Instagram Stories』での投稿に限って、
閲覧したユーザーの足跡を確認する方法は
こちらのブログ記事で分かりやすく解説しています。