インスタグラム バレる情報 対策

Instagramアカウントで投稿している画像からは どういった情報がバレてしまうのか、そして情報が漏れるのを防ぐための対策についてお伝えしていきます。
悩み

Instagramアカウントで
位置情報がオンにされていると、

投稿されている画像から
住所が特定されるリスクがあります。

国内・海外旅行先で撮影した情報であれば
フォトマップを作成して楽しめますが、

自宅でインスタグラムに画像や動画を投稿する際には、
位置情報サービスがオフにしておくことが大切です。

また、アイコンで顔を隠していても
場合によっては顔ばれしてしまうリスクも有ります。

今回のブログ記事のコンテンツ一覧
  • 位置情報サービスの機能について
  • 住所がバレないための対策
  • 顔バレを防ぐための対策

それではまず、位置情報サービスによって
どういった機能を楽しむことができるのかについてご紹介します。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

位置情報サービスの機能について

Instagramアカウントに投稿した画像の位置情報によって
世界地図や日本地図でフォトマップを作成することができます。
ポイント

Instagramアカウントを
作成した際のデフォルト設定では、

位置情報サービスの機能は
オンに設定されています。

フォトマップはプロフィールページに表示されている
GPSアイコンをタップすると確認できます。

ちなみに、GPSアイコンは自己紹介文の下に表示されている
4つのアイコンのうち、右から2つ目のものになります。

スクリーンショット 2016-08-28 12.39.02

GPSアイコンをタップすると、以下のように
これまでに投稿された画像を位置情報とともに確認できます。

インスタグラム フォトマップ

僕自身は海外旅行を続けながら生活をしているため、
世界地図に投稿した画像が登録されていくことがとても楽しみです。

Instagramアカウントで位置情報サービスをオンにしておけば、
このようにしてフォトマップ機能を利用することができます。

しかし、一人暮らしをしている女性などが
Instagramによって住所を特定されてしまうと、
ストーカー被害などの原因にもなりかねません。

住所がバレないための対策

最近ではTwitterやFacebookなどのSNSがキッカケで起きた事件もあり、
Instagramでも自宅住所などを何も考えずに公開することは非常に危険です。
ポイント

フォトマップを利用したい場合でも
自宅で投稿する際にはその都度、

位置情報サービスをオフに切り替えるように
気をつけて利用していきましょう。

位置情報サービスは簡単にオン・オフを切り替えることができます。

位置情報サービスの設定を変更する方法

Instagramアプリの位置情報サービスの設定を変更する際には、
ホーム画面の『設定』をタップします。

IMG_0042

設定画面を下へスクロールしていくと
インスタグラムアプリのアイコンが表示されているので、

アイコンをタップすると以下のように、
位置情報についての設定内容を確認することができます。

14159803_1072919556128707_1461181377_n

『使用中のみ』の設定のままですと、
インスタグラムを利用中は位置情報を送信してしまうので、

自宅など住所がバレたくない場所では
『使用しない』を選択して設定変更してから
Instagramアカウントでの投稿をするようにしましょう。

また、インスタグラムにアイコンで顔を隠して
コーディネートを投稿している女性は数多くいますが、

悩み

Instagramで加工して
そのままアプリ経由で投稿してしまうと、

投稿された画像の編集を取り消されて
顔バレしてしまうリスクが有ります。

顔バレを防ぐための対策

スクリーンショット 2016-09-02 12.53.23

Instagram上ではコチラのように顔の部分だけを隠して投稿する女性もいますが、
画像編集ソフトを使えば簡単に編集を取り消すことができます。
悩み

他人に顔を見られてしまうと
恥ずかしい写真などでも、

アイコンで顔を隠せば
投稿しても良いかなと考える方もいますが、
顔ばれしてしまう危険性がとても高いです。

以前に、Twitter上で以下のようなツイートが大変話題になりました。

スクリーンショット 2016-09-02 20.36.32

ポイント

顔をアイコンで隠しても顔ばれしてしまう原因や対策については
コチラのブログ記事で解説しているのでチェックしておきましょう。

最後に

今回のブログ記事ではInstagramアカウントの投稿から
バレてしまう情報&プライバシー保護のための対策についてお伝えしていきました。
ポイント

Instagramに限らず、
TwitterやFacebookであっても

基本的な設定は全ての情報を
公開するように設定されています。

住所の情報や顔写真など一般に公開したくないものであっても
知らない間に不特定多数のユーザーに公開している場合があるので、

今からでもすぐにプライバシー設定を確認して、
自分が納得できる設定で投稿をするようにしましょう。

また、最近はInstagramに『Stories』という
新しい機能が実装されましたが、

コチラの投稿に限っては、
ユーザーの足跡を確認することができます。

喜び

『Stories』の投稿を閲覧したユーザーの足跡を確認する方法については
コチラのブログ記事で画像を使いながら分かりやすく開設しています。