位置情報 切り替える方法 インスタ

Instagramを使う際に 位置情報のオン&オフを切り替える方法について解説していきます。
喜び

インスタグラムに投稿する画像や動画が
撮影された位置情報を登録しておくことで、

国内・海外旅行をした際の思い出などを
写真を見返す際により鮮明に思い出せます。

ただし、その一方で自宅でインスタグラムに投稿してしまうと、
どこに住んでいるのかがアカウントのフォロワー全員にバレてしまうなど、
プライバシーや安全性の面では気をつけながら利用していくことが重要です。

特に、インスタグラムを利用している女性であれば、
ストーカーされてしまう原因にもなりかねませんから注意して下さい。

今回のブログ記事のコンテンツ一覧
  • Instagramのフォトマップの使い方
  • 位置情報のオン&オフを切り替える方法

それではまず、インスタグラムで位置情報を活用して
楽しむことができるフォトマップについてご紹介していきます。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

Instagramのフォトマップの使い方

インスタグラムで画像や動画を投稿する際に位置情報を入力しておくと、
自動的にフォトマップという世界地図と投稿が関連付けられます。
喜び

特に、海外旅行や国内旅行が趣味の方であれば、
フォトマップを見れば今までにどんな国や場所を訪れたのかを
ひと目で確認できてInstagramに投稿していく楽しみが増えます。

この記事を書いている僕自身も海外旅行が趣味というか、
現在はマレーシアのランカウイ島という場所に住んでいるのですが、

自分のフォトマップを見ると以下のように、
世界地図と投稿してきた画像が関連付けられて表示されます。

フォトマップの機能のおかげで、旅行先で写真を撮って
インスタグラムにアップする楽しみが増えます。

インスタグラム フォトマップ

ちなみに、フォトマップはInstagramのプロフィールページの
自己紹介文の下に表示されている4つのアイコンのうちの
右から2番めのものをタップすれば確認できます。

スクリーンショット 2016-08-28 12.39.02

さて、ここまではInstagramと位置情報を関連させた
フォトマップの楽しみ方についてお伝えしてきましたが、

続いては、プライバシー・安全性を考慮して
位置情報を制限する方法についてお伝えしていきます。

位置情報のオン&オフを切り替える方法

インスタグラムを使われている女性の方や
小さなお子さんの写真や動画をInstagramにアップロードする際には、
位置情報によって住んでいる住所などがバレてしまわないように注意しましょう。
悩み

位置情報サービスを切り替える方法はとても簡単ですし
外出中や旅行中に使う分には問題ないのですが、

自宅でインスタグラムに投稿する際に、
位置情報をオンにしたまま投稿しないようにして下さい。

インスタグラムを利用する際に位置情報サービスをオフにするには、
まずはホーム画面から『設定』をタップします。

設定画面をスクロールしていくと、
インスタグラムのアイコンがあるのでタップすると、
以下のように、インスタグラムの設定画面が表示されます。

14159803_1072919556128707_1461181377_n

設定画面の中に『位置情報』という項目があるのでタップすると、
『許可しない・使用中のみ許可』という選択肢が表示されます。

インスタグラムを利用する際に、
位置情報サービスをオフにする場合には『許可しない』をタップします。

14171978_1072919566128706_1718829911_n

以上で、インスタグラムを利用する際に、
位置情報サービスをオフにする手順は完了となります。

最後に

今回のブログ記事では、Instagramのフォトマップ機能と位置情報サービスのオン&オフを切り替える方法について解説していきました。
喜び

位置情報サービスを利用すれば、
Instagramの投稿と世界地図が関連付けられて
今までに訪れた場所をフォトマップで楽しむことができます。

フォトマップで海外旅行や国内旅行の思い出をより楽しむこともできますが、
自宅や日々の行動圏内では位置情報はオフにするように心がけましょう。

女性の利用者や小さなお子さんのいらっしゃる方は
誘拐やストーカーなどの犯罪を助長する事にもなりますから、
位置情報サービスは十分に注意して利用していきましょう。

今回はプライバシー・安全性を考慮した
位置情報サービスの取り扱いについてお伝えしていきましたが、

こちらのブログ記事では、Instagramアカウントの投稿やプロフィールの
公開範囲の設定方法について解説しています。