インスタグラム フォロー解除

Instagramで既にフォローされているユーザーをフォロワーから解除する方法についてお伝えしていきます。また、通知が届くのでは?バレない?といった疑問についてもお答えしていきます。
悩み

Instagramを通して交流していく中で ブロックするほどではないけど
フォローを解除したいと感じる人が出てくるかもしません。

そんな場合には、今回ご紹介する方法が大変効果的ですから、
是非チェックして実践してみてください。

今回のブログ記事のコンテンツ一覧
  • 相手にバレずにフォローを解除する方法

それでは早速 相手にバレずに、
フォローを解除する方法を確認していきましょう。

相手のフォローリクエストを拒否する場合はこちらを参考にしてください。

参考 インスタグラムでフォローリクエストを拒否!相手にバレる?

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

相手にバレずにフォローを解除する方法

相手からのフォローを解除するには、
単純に相手のアカウントをブロックしてしまえば可能です。
悩み

しかし、相手をブロックしてしまうと
後でブロックしたことがバレてしまった際に、

気まずい雰囲気になってしまいますし、
人によっては恨みを持つかもしれません。

ですから、できるだけ相手にバレずに
少なくともフォローを解除したいと感じている方も多いと思います。

そんな場合には、フォロー解除したいユーザーをブロックしてから、
すぐにブロックを解除してしまうという方法が有効です。

こうすれば、相手からしてみれば
知らない間にフォローだけが外れてしまっている状態になります。

そのため、『自分で間違ってフォロー解除したのかも?』と
都合よく解釈してもらえる可能性があります。

喜び

それでは早速、特定のユーザーのみからのフォローを解除する
具体的な手順について画像を交えつつ解説していきます。

まずはプロフィール画面から『フォロワー』の項目をタップします。

IMG_2034

そうすると、あなたのInstagramアカウントを
フォローしているユーザーを検索することができるので、

フォローを解除させたいユーザーの
ユーザーネームを入力して検索して下さい。

今回は『atsushitravel』というアカウントからの
フォローを解除するシミュレーションを行っていきます。

『atsushitravel』のアカウントを検索したら、
ユーザーネームをクリックしてプロフィールページへ移動します。

IMG_2035

そうすると、『atsushitravel』のフォロワーとフォローしている
アカウントの数を確認することができます。

『atsushitravel』では『atsushijapan』のアカウントのみをフォローさせているので、
フォロー中が『1』とだけ表示されています。

それでは、『atsushitravel』からのフォローを解除するために
右に表示されている設定ボタン(歯車・三点マーク)をタップします。

IMG_2036

そうすると、『このユーザーをブロックする』というボタンが表示されているので、
そのボタンをタップしてブロックを完了させて下さい。

『atsushitravel』からのフォローが解除されたかどうか確認してみると、
以下のようにフォロー中が『0』と表示されており、
フォローが開所されたことが確認できます。

IMG_2038

フォロー中の数が1つ減っていることを確認したら、
続いて『ブロックの解除』を行っていきましょう。

先ほどと同じ手順でブロックを解除すれば、
相手にバレずにフォローを解除させる手続きは完了となります。

最後に

今回のブログ記事では、インスタグラムの特定のフォロワーからのフォローをバレること無く解除する方法についてお伝えしていきました。
悩み

ブロックをするだけでも相手からのフォローを解除することはできますが、
ブロックがバレてしまった際に人間関係が悪化するリスクが有ります。

その一方で、ブロックしてからすぐにブロックを解除しておけば、
相手が万が一フォローが解除されていることに気づいても、

自分自身で間違ってフォローを解除してしまったのかも?
と勘違いしてもらえる可能性が高いです。

ただし、それ以降も何度もフォローされて、
あなた自身も何度もフォロー解除をしていると
さすがに相手も不審がってくるようになると思われます。

もし、フォロー解除をしても何度も
フォローされるような状況が続くのであれば、

裏アカウントを作成して表向きのアカウントだけを
フォローさせておく方法がオススメです。

喜び

インスタグラムで裏アカウントを複数作成する方法や
アカウントを簡単にワンタッチで切り替える方法については
こちらの記事で解説しているので是非チェックしてみてください。