インスタグラム プロフィール 公開設定

Instagramでの個人情報や投稿の公開範囲を設定する方法を解説していきます。位置情報や連絡先などのプライバシーをしっかりと保護するようにしましょう。
悩み

Instagramに限らず、FacebookやTwitterなどのSNSでも
知らない間に位置情報を送信してしまっていることなどがあり、

自分の行動圏内などを見知らぬ人に
把握されてしまうといった危険性があります。

設定によってはメールアドレスや電話番号も後悔することもできますが、
ビジネス利用目的でInstagramを活用している場合でもない限り、

基本的に、投稿に必ずしも必要のない個人情報は
公開すべきではないと考えています。

今回のブログ記事のコンテンツ一覧
  • Instagramでの投稿の公開範囲を制限する方法
  • Instagramプロフィールの公開範囲を制限する方法

それではさっそく、まずはInstagramのプロフィール情報の
公開範囲を制限する方法をご紹介していきます。

特定の人だけに非公開するにはこちら。

参考 【インスタグラム】自分の投稿を特定の人だけに非公開する方法

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

Instagramの画像や動画などの投稿の公開範囲を制限する方法

Instagramアカウントは『非公開モード』という機能を使うことができます。
この機能を使うことによって他のユーザーからどのように見えるのか解説していきます。
ポイント

Instagramアカウントのプロフィール設定画面から、
ワンタッチでアカウントを『非公開モード』に変更できます。

非公開設定にすることによって
画像や動画などの公開範囲は以下のように変更されます。

そもそも『非公開モード』とは?

ポイント

非公開モードとは あなたの画像や動画などの投稿を
フォロワー以外には後悔しないようにする設定のことを指します。

アカウントを新規登録して そのまま使っている場合には、
基本的には公開設定となっています。

この状態ですと、フォロワーであるかどうかに関わらず、
あなたの投稿している画像や動画を誰でも自由に見ることができます。

しかし、Instagramアカウントを『非公開モード』に変更すると、
あなたのフォロワーしか画像や動画などの投稿を見れなくなります。

さらに、これからあなたのことをフォローしたいと思っているユーザーは、
まずはフォローリクエストを送信した上で承認を受ける必要があります。

それでは、『非公開モード』に設定することに関する
よくある質問を以下にまとめてご紹介しておきます。

『非公開モード』に設定する方法

ポイント

それではまず、Instagramアカウントを
『非公開モード』に変更する方法を解説していきます。

※iPhoneもアンドロイドも同様の方法で設定変更が可能です。

まずは自分のプロフィールページに移動して、
右側に表示されている『設定ボタン(歯車マーク)』をタップします。
(アンドロイドの場合には、縦の三点リーダーとなっています。)

 

オプション画面を下にスクロールしていくと、
オプションの中に『非公開アカウント』というものがあります。

IMG_0034

その右側にあるボタンをタップすると、
Instagramアカウントを『非公開モード』に設定することができます。

スイッチは元々透明になっていますが、
『非公開モード』に設定されると青色に切り替わります。

IMG_0035

これで、Instagramアカウントの『非公開モード』への設定変更は完了です。

『非公開モード』を解除する方法

ポイント

『非公開モード』を解除するためには、
設定した際と逆の操作をするだけで完了します。

※iPhoneもアンドロイドも同様の方法で設定変更が可能です。

まずは自分のプロフィールページに移動して、
右側に表示されている『設定ボタン(歯車マーク)』をタップします。
(アンドロイドの場合には、縦の三点リーダーとなっています。)

IMG_0034

オプション画面を下にスクロールしていくと、
オプションの中に『非公開アカウント』があります。

青色に表示されているスイッチをタップすると、
ボタンが左側へ移動して不透明に表示が切り替わります。

これで、Instagramアカウントの『非公開モード』の解除は完了です。

『非公開モード』に関するよくある質問

フォロワーではないユーザーにはどう見えるの?

フォロワーではないユーザーがあなたのプロフィールページを訪れたとしても、画像や動画などは一切表示されません。その代わりに、『このアカウントは非公開です。フォローすることで、この人の写真や動画を見ることができます。』というメッセージのみが表示されるようになります。

フォロワーになったら投稿を見れるのでは?

フォロワーにならなければ投稿が見られる心配はありませんが、中には勝手にフォロワーになられてしまうのでは?と考えられている方もいると思います。しかし、『非公開モード』に設定しておけば Instagramユーザーから知らない間にフォローされることはありません。

ユーザーがあなたをフォローしたい場合には、まずは『フォローリクエストを送信』することになります。そのリクエストを『承認』すればフォロワーになりますし、『拒否』すればフォロワーになることはありません。また、承認作業が面倒くさい場合には放置しておくことも可能です。

『非公開モード』にした場合、それまでのフォロワーへの影響は?

もともとフォロワーであったユーザーは、『非公開モード』に設定した以降もこれまで通りにあなたのInstagramアカウントをフォローし続けることができます。

Instagramアカウントを『非公開モード』に設定することを検討されている方の中には、設定変更することでそれまでのフォロワーまでフォローを解除させてしまうのでは?と心配されている方もいらっしゃいますが問題ありません。

自分がフォローしているアカウントには投稿を見られてしまうのか?

あなたがフォローしているユーザーであったとしても、そのユーザーからの『フォローリクエスト』を拒否、もしくは放置している限りは投稿が見られることはありません。

あなたがフォローしているということは全く関係なく、ユーザーがあなたのInstagramアカウントをフォローしているかどうかだけがポイントになってきます。

『非公開モード』にすれば、投稿は絶対に見られない?

見られる可能性はあります。『非公開モード』に設定していたとしても、Instagramアカウントのフォロワーは画像や動画などの投稿を見ることができます。そのため、フォロワーが画像や動画を保存して、ネット上で後悔することもやろうと思えば可能です。

ですから、Instagramに限らずにFacebookやTwitterなどのSNSを利用する際には、非公開設定にしていたとしても 万が一流出することも考えた上で投稿していくことが重要です。

完全非公開でInstagramを楽しみたいのですが?

フォロワー全員に後悔することは抵抗があるけど、特定の信頼できるユーザーのみに限定で画像や動画を公開したい場合には、ダイレクトメッセージの機能を使用することができます。

ダイレクトメッセージで送受信される画像・動画は、原則としてメッセージをやり取りしているユーザー間でしか共有されません。

『非公開モード』によるプライバシー強化

Instagramのフォロワーと第三者ユーザーとの登校の見え方の違いなどについて
以下のグラフに、簡単にチェックできるようにまとめておきました。

 フォロワー第三者
投稿を見る
フォトマップ
ユーザー検索
ハッシュタグ検索
ダイレクトメッセージ
いいね♡
コメント
タグ付け
シェア

それぞれの項目については以下で詳しく解説しています。

投稿を見る

第三者は、あなたの写真や動画を見ることができません。

フォトマップ

第三者は、あなたのフォトマップを見ることができません。同じ場所に投稿した他人の写真からフォトマップを開いても、あなたの写真や動画だけ、ないのと同じ扱いになります。フォロワーが見た場合は、普通に表示されます。

ユーザー検索

ユーザー検索は、非公開モードにしても、防ぐことができません。あなたの名前でキーワード検索をすれば、検索結果にあなたのプロフィールが表示されます。

ハッシュタグ検索

第三者が、あなたが投稿に付けたハッシュタグで検索をしても、あなたの写真や動画だけ、ヒットしません。フォロワーが検索すれば、ヒットします。

ダイレクトメッセージ

フォロワーも第三者も、あなたにダイレクトメッセージを送ることができます。

いいね♡

第三者がこれまであなたの投稿に「いいね!」を付けていた場合、非公開モードにした瞬間に、そのユーザーの「いいね♡」リストから、あなたの写真や動画がなくなります。ですが、「いいね♡」自体は取り消されません。

コメント

あなたが誰かの投稿に付けたコメントを、第三者も見ることができます。

タグ付け

フォロワーも第三者も、投稿にあなたのことを自由にタグ付けできます。

シェア

TwitterやFacebookにURLアドレスをシェアしても、第三者はそのURLアドレスにアクセスすることができません。もちろん、過去にシェアしたものも同様です。フォロワーがログインすれば、アクセスできます.

特定のフォロワーからのフォローを強制解除したい場合

喜び

また、既にフォロワーになってしまった
ユーザーからのフォローを強制的に解除したい場合には、
Instagramのブロック機能を活用することで対応することができます。

ブロックしたからといって相手に通知が届いてバレることはありませんが、
プロフィールページを見られるなどしてブロックに気付かれる場合はあります。

ただし、相手がクラスメートや職場の同僚など身近な人の場合には、
ブロックしたことがバレル自体は避けたいですから、
その場合の対処方法をご紹介していきます。

最後に

今回のブログ記事では、Instagramアカウントの公開範囲を変更する方法についてご紹介していきました。
ポイント

Instagramアカウントを新規登録して そのまま利用していると、
基本的にはすべての投稿やプロフィール情報が公開されています。

写真が撮影された位置情報やあなた自身の顔がタグ付けされた写真も
数多くネット上で公開されることになります。

もし、Instagramの投稿を限られた友人のみと楽しみたい場合であれば、
今回ご紹介した方法でアカウントを『非公開モード』に設定してみてください。

また、既にフォロワーになってしまった迷惑なユーザーからのフォローを
強制的に解除する方法はこちらのブログ記事でご紹介しています。