Instagram コメント ブロック

Instagramで特定のユーザーをブロックすると投稿やコメントの公開設定には
どのように影響を与えるのかについて解説していきます。
ポイント

『非公開モード』に設定している方であれば、
投稿が不特定多数のユーザーに公開されることはないですが、

ブロックしたユーザーやメンションしたコメントでは、
具体的にどのような公開設定になるのか気になりますよね。

『非公開モード』に設定しながら、
フォロワーでないユーザーをコメントでメンションした場合など
さまざまなパターンでコメントの公開範囲について解説していきます。

今回のブログ記事のコンテンツ一覧
  • 『非公開モード』の場合のコメントの公開範囲
  • ブロックしたユーザーに対するコメントの公開範囲
  • @によるメンション機能によるコメントの公開範囲

それではまず、アカウントを『非公開モード』に設定している場合の
コメントの公開範囲について確認していきましょう。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

『非公開モード』の場合のコメントの公開範囲

Instagramアカウントを『非公開モード』に設定している場合には、
原則的にフォロワーにしか投稿やコメントは確認することができません。
ポイント

『非公開モード』にしておけば、
コメントの公開範囲はフォロワーに限られますが、

アカウントを利用し始めて途中から
『非公開モード』に設定変更した場合には、

それまでに無許可でフォローしていた
ユーザーもフォローし続けるようになります。

もし、あなたのアカウントをフォローしているユーザーを
全て把握しておきたいと考える場合には、

既にフォローされてしまっているInstagramユーザーでも
フォローを解除させる方法があります。

喜び

Instagramアカウントのフォローを解除させる方法については
こちらのブログ記事で分かりやすく解説しています。

ブロックしたユーザーに対するコメントの公開範囲

Instagramユーザーをブロックした場合にも、
基本的にコメントが公開されることはありません。
悩み

ただし、Instagramの検索窓から
ハッシュタグ検索で投稿が表示された場合には、

投稿やディスクリプション、
そしてコメントが表示されることになります。

ただし、投稿が閲覧されたからといって
通常通りに『コメント』や『いいね♡』をすることはできません。

@によるメンション機能によるコメントの公開範囲

『非公開モード』に設定されているアカウントでも、
フォロワーでないアカウントをコメントでメンションした場合には、
その投稿・コメントに限ってメンションされたユーザーに公開されます。
ポイント

@に続けてユーザーネームを入力することで
特定のユーザーをメンションすることができます。

アットマークでメンションする方法

@の後にスペースを入れずにユーザーネームを入力することで、
メンション機能を使うことができます。

喜び

メンション機能を使ってコメントすると、
ユーザーのアクティビティにコメントの通知が届き、
確実にコメントを確認してもらうことができます。

あっとまーくを使ったメンションはとても簡単にできるので、
実際の画像を見ながらやり方を確認していきましょう。

メンションしたい投稿へ移動する

スクリーンショット 2016-09-05 17.04.44

まずはメンション機能を使いたい画像や動画の投稿画面へ移動します。

『@+ユーザーネーム』をコメント欄に入力

スクリーンショット 2016-09-05 17.04.57

続いて、メンションしたいInstagramユーザーの
ユーザーネームを@と合わせて入力します。

ユーザーネームと@の間にはスペースを入れないようにします。

コメント上でユーザーネームが青色に表示されていることを確認する

スクリーンショット 2016-09-05 17.05.08

メンションが正常に行われると、
メンションされたユーザーネームが青色に表示されます。

青色に表示されたユーザーネームをタップすると、
ユーザーのプロフィールページへ移動することもできます。

喜び

メンション期のようについてより詳しく知りたい場合には、
こちらのブログ記事の内容を参考にして下さい。

最後に

今回のブログ記事では『インスタグラムのブロックとコメントの関係性』に
関する情報をまとめてお伝えしていきました。
喜び

『非公開モード』や特定のユーザーを
ブロックしている場合には、

投稿へのコメントの公開範囲を
過剰に気にする必要はありません。

ただし、コメントをする際に@を使って
特定のユーザーをメンションすると、

『非公開モード』のアカウントであっても特定のユーザーのみに
投稿内容とコメントを例外的に公開することができます。

ポイント

今回はコメントの公開範囲についてお伝えしていきましたが、
コメントをより読みやすくするために改行する方法については
こちらのブログ記事で分かりやすく解説しています。