動画 自動再生 オフ

Instagram上に投稿されている動画の自動再生をオフに切り替える方法について解説していきます。
ポイント

Instagramのデフォルト設定では、動画の自動再生がオンになっています。

動画を再生するためにはかなりの通信料が掛かるため、スマホの月間データ使用量を圧迫する原因になります。

Instagramの利用用途のほとんどは投稿された画像の閲覧のため、基本的にはデータ通信量はそこまで掛かりませんが、

投稿を確認している際に動画が自動再生されてしまうとひやっと感じてしまうInstagramユーザーも多いのではないでしょうか?

ブログ記事のコンテンツ一覧
  • 動画の自動再生をオフに切り替える方法
  • 動画の自動再生に関する注意事項

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

動画の自動再生をオフに切り替える方法

Instagramアプリの『オプション画面』から動画の自動再生をオフに切り替えることができます。
ポイント

アンドロイドもiPhoneの自動再生をオフに切り替える手順は同様になります。

プロフィールからオプション画面へ移動

プロフィール画面のユーザーネームの右側に歯車マークが表示されているので、こちらのアイコンをタップしてオプション画面へ移動します。

14348680_1086147514805911_1562833019_n

『携帯ネットワークデータの使用』を開く

オプション画面に切り替わったら下へスクロールしていくと、『携帯ネットワークデータの使用』という項目が表示されているのでタップします。

14331079_1086147511472578_2033536426_n

『データ使用量を軽減』をオンにする

そうすると、以下のように『データ使用量を軽減』というボタンが表示されるので、動画の自動再生をオフに切り替えたい場合にはタップしてオンに切り替えます。

14341725_1086147478139248_1697603195_n

以上で、Instagramに投稿されている動画の自動再生をオフに切り替える手順は完了になります。

動画の自動再生に関する注意事項

ここまででご紹介してきた方法で『動画の自動再生』をオフに切り替えることができますが、Instagramを使用していく上では勘違いしないように注意しておくべきポイントがあります。
ポイント

データの使用量を制限する設定にしていても、場合によっては動画が自動再生されてびっくりしてしまうこともあります。

携帯ネットワークデータ使用時のみ適用

『データー使用量を軽減』の設定は、携帯ネットワークデータが使用されている場合のみに限られます。

例えば、スターバックスのWIFIに接続しながらInstagramを利用している場合には動画は自動再生されることになります。

読み込みが遅れる場合がある

『データー使用量の軽減』をオンに切り替えるとInstagramに割り当てられる通信料全体が下げられるため、投稿されている写真・画像の読み込みも状況によっては遅延してしまったりフリーズしてしまう可能性も考えられます。

もし、どうしてもスムーズにInstagramを利用できず、操作性が著しく落ちるようであれば設定を元に戻しましょう。

最後に

今回のブログ記事ではInstagramに投稿されている動画の自動再生をオフに切り替える方法について解説していきました。
ポイント

動画の自動再生を直接的にオフにすることはできませんが、Instagramに割り当てられている通信量を下げることで間接的に動画の自動再生を制限することができます。

ただし、WIFI環境でInstagramを利用している場合には動画は自動再生され続けますし、『データー使用量の軽減』をオンに設定すると、写真・画像を閲覧する際にも支障が出る場合もあります。

ですから、バランスを鑑みて設定を調整するようにしてみてください。

また、Instagramに投稿する動画に関してであれば、再生回数のカウントを水増しする方法についても解説しています。

喜び

Instagramに動画を投稿しても再生回数が増えないと恥ずかしいですから、以下のブログ記事で解説している方法をチェックしておいて下さい。