Facebook, 360度動画, 作成, アップロード

  • 360度動画を作成してFacebookに投稿する方法が知りたい!
  • 360度動画はiPhoneでも作成できる?他に対応するカメラがあるの?
  • 360度動画を作成して、投稿する際に詳細設定ができる?

Facebookタイムラインでは、360度自由自在に視点を切り替えて楽しめる360度動画を投稿することができます。

タイムラインで見たことがある方は、どうやって撮影しているんだろう?自分でも作成して投稿できるかな?と感じたのではないでしょうか?

ポイント

そこで今回のブログ記事では、360度動画の作成方法からFacebook上にアップロードする方法までを分かりやすく解説していきます。

360度動画の他に、360度写真なども撮影・投稿することができ、360度写真の方であればiPhoneやiPadなどでも簡単に撮影できます。

喜び

iPhone・iPadによる360度写真の撮影方法・Facebookへのアップロード方法については、こちらのブログ記事を参考にしてください。

その一方で、360度動画を作成・撮影するためには、360度カメラという専用のカメラを使う必要があります。

360度カメラには以下のようなラインナップがあります。

360度カメラ
  • RICOH THETA
  • IC Real Tech ALLie
  • Giroptic 360cam
  • 360fly

ちなみに、こちらでご紹介した360度カメラでは、動画に自動的に『360度メタデータ』というものを入力する機能があります。

もし、360度メタデータを自動入力する機能がないものを使う際には、Facebookに投稿する際にあなた自身でメタデータを入力する必要があります。

また360度動画は、最大長10分、最大サイズ1.75 GBに制限されていますから、撮影・アップロードの際には注意しておきましょう。

以下のブログ記事では、360度動画の撮影方法やFacebook上へのアップロード方法についてお伝えしていきます。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

360度動画の撮影・作成方法

コチラのような360度カメラで動画を撮影すれば、自動的に360度動画を作成することができます。

360度カメラ
  • RICOH THETA
  • IC Real Tech ALLie
  • Giroptic 360cam
  • 360fly

ですから、特に特別な設定などが必要ではありません。

それぞれの360度カメラによって動画撮影方法は異なりますから、それぞれの取扱説明書を参考にして動画を撮影するようにしてください。

だたし、以上で紹介していないカメラでは360度メタデータが自動的に入力されませんから、その際にはFacebookにアップロードする際に手動でメタデータを入力していきます。

Facebookへのアップロード方法

Facebookに360度動画を投稿する場合には、他の動画と全く同じ方法で投稿することができます。

タイムラインにアップロード

あなたのタイムライン上に360度動画を投稿したい場合には、まずはあなた自身のプロフィール画面へ移動します。

そうすると、画面上部に以下のような項目が表示されていますから、『写真・動画』をクリックします。

Facebook, 360度動画, 作成, アップロード

つづいて、『写真・動画をアップロード』をクリックすると、パソコンに保存されているファイル一覧が表示されます。

その中から、360度動画を選択すれば Facebookへのアップロードが開始されます。

Facebook, 360度動画, 作成, アップロード

Facebookページにアップロード

ポイント

もし、あなたがFacebookページなどを運営されている場合には、そこにも360度動画を投稿することができます。

Facebookページのタイムライン上部には、投稿画面が表示されていますから『写真・動画』という項目をクリックします。

そうすると、更に詳しいメニューが表示されるので『写真/動画をアップロード』という項目をクリックします。

Facebook, 360度動画, 作成, アップロード

続いて カメラロールが表示されるので、その中から投稿した360度動画を選択すれば Facebookへのアップロードが開始されます。

360度メタデータがない場合

コチラの360度カメラで動画を撮影すれば、自動的に360度メタデータが入力された状態で動画が作成されます。

360度カメラ
  • RICOH THETA
  • IC Real Tech ALLie
  • Giroptic 360cam
  • 360fly

しかしながら、他の360度カメラで動画撮影を行うと360度メタデータが入力されていない状態になっています。

Facebookに360度動画を投稿する際には、360度メタデータが必須となっていますから、手動で入力していくことになります。

『詳細設定』をクリック

動画をアップロードするところまでは、全く同じ流れになっていますが、後悔する前に『詳細設定』をクリックします。

『360度動画陽ツール』のタブを表示

『この動画は360°フォーマットで撮影されています』という項目があるので、チェックマークを付けて『360度動画陽ツール』のタブを表示させます。

この部分で、『最初の位置』や『視野』といった360度メタデータを設定していきます。

設定が完了したら、『公開』をクリックすることで動画をFacebookに投稿することができます。

最後に

今回のブログ記事では、360度動画の作成方法からFacebook上にアップロードする方法までを分かりやすく解説していきました。
ポイント

360度動画を作成・撮影するためには、360度カメラという専用のカメラを使う必要があります。

360度カメラには以下のようなラインナップがあります。

360度カメラ
  • RICOH THETA
  • IC Real Tech ALLie
  • Giroptic 360cam
  • 360fly

ちなみに、こちらでご紹介した360度カメラでは、動画に自動的に『360度メタデータ』というものを入力する機能があります。

もし、360度メタデータを自動入力する機能がないものを使う際には、Facebookに投稿する際にあなた自身でメタデータを入力する必要があります。

また360度動画は、最大長10分、最大サイズ1.75 GBに制限されていますから、撮影・アップロードの際には注意しておきましょう。

また、360度動画の他に、360度写真なども撮影・投稿することができ、360度写真の方であればiPhoneやiPadなどでも簡単に撮影できます。

喜び

iPhone・iPadによる360度写真の撮影方法・Facebookへのアップロード方法については、こちらのブログ記事を参考にしてください。