インスタ 投稿 強制終了

Instagramで画像や動画を投稿している際に強制終了してしまう原因と解決策について解説していきます。
悩み

Instagramは基本的にはサクサク動きますが、
スマートフォンやアプリが不調だったり、

ネット環境が十分に整っていないと
動作の遅れや強制終了が起きてしまいます。

アンドロイドやiPhoneの機種自体が古いものだと
どうしようもないこともありますが、

Instagramアプリの設定を変更したり、
ちょっとしたことを心がけるだけでも、
動作が大幅に改善されることもあります。

今回のブログ記事のコンテンツ一覧
  • Instagramが強制終了してしまう原因&解決策

それではさっそく、Instagramのアプリが画像や動画を投稿している途中で
強制終了してしまう原因と解決策を合わせて確認していきましょう。

記事は下に続きます。
スポンサードリンク

Instagramが強制終了してしまう原因&解決策

Instagramアプリが不調

悩み

Instagramアプリがバージョンアップするタイミングで、
利用している最中に不具合が起きやすくなる傾向にあります。

旧バージョンと新バージョンで仕様が異なるために、
旧バージョンを使い続けていると不具合が起きる可能性が高まるようです。

Instagramアプリが不調の場合の対策

アプリを最新版にアップロードする

Instagramアプリをダウンロードしたストアでアプリの
アップデートがリリースされているかチェックしてみましょう。

アンドロイドであればGoogle Play Storeで、
iPhoneであればApple Storeで確認することができます。

iOSの最新アップデートを確認する方法

まずはホーム画面から『設定』をタップして、
『一般』の設定画面へと移動して下さい。

IMG_2088

そうすると、『ソフトウェア・アップデート』という項目があるので、
タップすると自動的に更新情報がないか確認できます。

IMG_2084

ちなみに、インターネットに繋がっていないと確認できないので、
その点は注意するようにしてください。

スマートフォンのメモリへの負担が大きい

悩み

同時に複数のアプリケーションを使っていたり、
ネットサーフィンによるキャッシュが蓄積していると
スマートフォンのメモリへの負担が大きくなってしまいます。

スマートフォンのメモリは携帯の電源が切れたり、
再起動される際にリセットされますが、

それまでは様々なデータを蓄積し続けて
ウェブサイトの表示速度を上げることなどに役立ちます。

ただし、あまりにもメモリに対して負荷がかかりすぎると
Instagramアプリの強制終了の原因になってしまいます。

メモリ負担が大きい場合

アプリケーションを終了する・スマホを再起動させる

メモリの負担を軽減させるためには、
使っていないアプリケーションを終了する方法が簡単かつ効果的です。

iPhoneであれば、ホームボタンを素早く2回押すと
以下のように現在使われているアプリを一覧で確認できます。

14159884_1072919582795371_1639278640_n

表示されているアプリケーションの中で作動させておく必要が無いものは
上にスクロールさせることで終了させることで、メモリ負担を軽減させられます。

しかし、不必要なアプリケーションを終了させても動画が不安定のままであったり、
遅いままであれば、一度デバイスを再起動することでメモリをリセットできます。

Instagramアプリへの設定が悪い

悩み

スマートフォンではアプリケーションごとに環境設定を行うことができますが、
設定している条件が厳しいために動作に支障が出る場合があります。

Instagramアプリの基本の設定では、
画像を投稿する際に加工する以前の画像も
投稿する画像と一緒に保存する設定になっています。

また、Instagramユーザーによっては携帯電話の使用料を気にして
『データ使用量を軽減』するように設定している場合がありますが、
ネットワーク環境が不安定の場合にはアプリに負担がかかってしまいます。

Instagramアプリの環境設定が悪い場合
  • 『元の写真を保存』をオフに切り替える
  • 『携帯ネットワークデータの使用』をデフォルトに戻す

『元の写真を保存』をオフに切り替える

基本設定である『元の写真を保存』する設定は、
プロフィールページから設定画面へ移動することで変更できます。

ユーザーネームの右側にある設定ボタンをタップして、
オプション画面を表示させて下さい。

IMG_2034

オプション画面をスクロールさせていくと、
『元の写真を保存』という項目が見つかります。

デフォルトでは設定がオンになっており、
ボタンが青色に表示されている状態です。

この青色に表示されているボタンをタップして
オフに設定を切り替えることでアプリへの負担を軽減できます。

14111954_1072919539462042_312119621_n

『携帯ネットワークデータの使用』をデフォルトに戻す

データの使用に関して設定をデフォルトに戻す際にも、
オプション画面をスクロールさせていくと、

『携帯ネットワークデータの使用』という項目があるので、
こちらをタップして下さい。

14111954_1072919539462042_312119621_n

そうすると、『データ使用量を軽減』という項目があるので、
不透明でボタンが左側に移動するようにタップして設定して下さい。

データ使用量を軽減するように設定されている場合には、
ボタンが青色に表示されて右側に移動している状態になります。

14159335_1072919542795375_1073579064_n

以上で、Instagramで投稿する際に強制終了してしまう不具合を
修正する対策についての対処法は以上になります。

最後に

根塊のブログ記事では、Instagramで投稿する際に強制終了してしまう原因と解決策について解説していきました。
悩み

何度投稿を試してみても
毎回強制終了するようであれば、

アプリの不具合というよりも
スマホのスペックや負担に原因があると思われます。

今回ご紹介した方法でInstagramアプリが
円滑に動作するようになれば幸いですが、

もし、どうしても動画が正常に行われない場合には、
新しい機種に変更することを検討してみてください。

IT業界では技術の進歩が非常に早いですから、
同じスマートフォンを2年以上使用し続けていれば、
細心のアプリケーションの負担に耐え切れない場合があります。

今回はInstagramアプリの動作不具合についてお伝えしていきましたが、
アカウントで投稿する際に改行が反映されない原因は不具合ではありません。

しっかりと改行できる方法でキャプションを設定すれば、
2行以上の改行もできて読みやすいキャプションが設定できます。

キャプションで自由に改行を設定する方法については
こちらのブログ記事で解説しています。

また、同じような不具合によって頻繁にInstagramアプリが
フリーズしてしまう際の対処法については、

こちらのブログ記事で原因と対処法について解説しています。